2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2箱で行こう!
2006/10/19(Thu)
8月のランボルギーニに続く第13弾 ポルシェ・ミニカーコレクション2 を買ってきました。
基準値

基本の2箱買い。

とりあえず並べてみたり。
整列

今回は棚に陳列される直前に確保したので、1台も欠けることなく40台購入でき、全29種類コンプリート。

今回は出来もラインナップも良くて、カイエン以外はどれもハズレ無しって感じですが、中でもこの3種
ピックアップ3種

934、935、カレラGTはイイ感じ。
935は白以外はスバラシイ出来栄え、934もレーシングモデルを1台ぐらい入れてくれれば、なお良かったんですが。

それじゃ、眺めて (・∀・)ニヤニヤ してきますね~。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(3) | ▲ top
ランボルギーニで行こう!
2006/08/24(Thu)
今朝やっと京商のランボルギーニ・ミニカーコレクション2を見つけたんで買ってきました。

大人買い

ドーンと2箱、大人買いですが、なにか?

1箱は1個買われた後だったんで、実際はホンの39個です。
39台揃い踏み~

全30種類中、イオタの紫みたいなのだけありません。

今回の目玉はコレかな?
バカボン、じゃなくて カーボン柄

写真撮るのがヘタクソなんじゃなくて、カーボン柄を再現しとります。
ランボルギーニ・ミニカーコレクション1の時と比べると、全体的にホイールがチャチで今一。ムルシェR-GTも色を塗り忘れたみたいなグレーでイケてない。けど、400円じゃし、十分やろ。
ハラマやエスパーダまで出したから、ランボルギーニはこれでお終いかな。

開けて並べながら思ったけど、やっぱスーパーカーは 『赤』 やね~。
赤レンジャイ!

この記事のURL | | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ブルーライオンへ行こう!
2006/07/03(Mon)
昨日は午前中カミさんの206を点検に出すためブルーライオン倉敷へ。
新型の1007があったんでついでに試乗してきました。
10時7分

見た目の大きさはトヨタのポルテみたいな感じ。けど、ナンバーは3ナンバー、フランスで車幅を測ったときは1698mmだったのに日本では何回測っても1710mmだったんで3ナンバーになったそうな。
特長は左右電動スライドドア、ポルテの助手席に採用されてるヤツですな、それから2トロニック。聞き慣れないこの言葉はシトロエンのセンソドライブやルノーのクィックシフト(あれ?さらに聞き慣れない言葉になったような・・・?)と同じマニュアルのシステムを機械が変速してくれるセミ・オートマ。つまり機械がクラッチを踏んで機械がギアを変えて機械がクラッチを繋いでくれるワケですな、シューマッハばりのスピードで。・・・とは、いかなくてシトロエンやルノーのソレは実車教習2日目のレベル、「ハ~イ、クラッチ踏んで~、ギア変えて~、さ~てそろそろクラッチ繋いでみよっかー♪」て感じでとても実用には適していませんでした。
けれど1007の2トロニックはカナリ進化していて助手席ならほとんど気にならないレベル、運転してると少し気になりますがね。

電動スライドドアは もんのすごく 乗降りしやすくてピザを持ったままでも乗り込めそうな勢い。ファブリックの生地のせいかフランス車ならではの座り心地が少しスポイルされているように感じたのと、シートがリクライニングしないのが不満ですが、静粛性・乗り心地・操縦性どれをとってもトップレベル、値段はちと高めですが安全性もトップレベルです。

フランス、ドイツ、イタリア、どこに行っても変わり映えのしない国産車に比べて外国車は国ごとに特長があって面白いです。みなさんも一度試乗に出かけてみるのをお勧めします、楽しいですよ~。

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
iv>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。